結婚相談所に街コンも新たな婚活スタイル

晩婚化

kekkon

現在日本では晩婚化が進んでいるとされ、男性の平均初婚年齢は30歳を超え、女性は29歳まで上昇しました、
それに伴って少子高齢化の流れもすすみ、現在では日本は超高齢化社会に突入したと言われています。
超高齢化社会とは全人口に対し、20パーセント以上が65歳以上になった状態を指します。
2013年には老齢人口が25パーセントを突破しました。
少子化も同時に加速し続け、新生児の出生数は減り続けています。
現在では生涯1人の女性が出産する子供の数は1.41人まで低下しています。
人口減少がおこるとされる水準を大きく下回っており、このままでは計算上日本人の人口は西暦3000年までに29人になります。

恋愛事業

現在では国や地方自治体が恋愛事業や婚活事業を推奨するように方針が決まりました。
地方自治体主催の婚活パーティや結婚相談所などもあります。
最近では地方自治体協賛の街コンなども登場しています。
婚活事業予算が地方自治体の年間予算に明記されている自治体も多くなってきています。
婚活事業は日本の出生率の上昇のみならず経済効果も大きいとされています。
300人規模の婚活イベントを年間2000回日本国内で開催した場合1400億円程度の経済効果があると計算されています。

イベント

soudanjyo

現在では婚活イベントは多岐にわたります。
街コンやパーティはもちろんながら、地方自治体主催の合コンまで登場しています。
他にも、婚活目的の料理教室やクリスマスパーティ、サッカー観戦なども行われる場合もあります。

注目情報

konkatu

お見合い

古くからある婚活の形にお見合いがあります。お見合いは結婚願望のある男女が、第三者…

新しい記事

  • konkatu

    お見合い

    古くからある婚活の形にお見合いがあります。お…
  • matikon

    ねるとんパーティー

    合コンは昭和から使われ始めた言葉で、合同コン…